デリヘルの利用しやすい時間を考える

表題のとおり、デリヘルの利用しやすい時間帯を考えてみましょう。 デリヘルの良さは自宅なり、ホテルなり、自分の好みの空間で女の子を味わえるなかなか活かした風俗なわけですが、「良く待たされる」という大きな欠点があります。 その点で、店舗系の風俗は指名してたい女の子が空いてさえいれば即遊べますし、仮にその時間がダメでも何時なら入ることが出来ると言った、時間についてはかなり信頼性があるというか、見通しが立ちますよね。 この点は、特に忙しいビジネスマンにとってはものすごく重要なことな訳です。 では、デリヘルでもそれほど待たされると言った心配なく遊べる時間帯はないかと言うことですが、勿論店の状況や指名したい女の子がどこで今仕事をしているか等の状況によって多少左右されますが、やっぱり確実なのは「平日の午後1時あたり」といったところでしょうか。 中でも、土日出勤される方々が休みを取る「水曜日」や「金曜日」を除いた曜日が良いかも知れません。 また、24時間営業をうたっているデリヘルもありますが、女の子の立場になれば客があまりに少ない平日午前中は出勤を避ける場合が多いので、そのような引き算から比較的に時間通りにデリヘル嬢を呼べるのは、水金を除く平日の午後1時辺りと考えられます。

デリヘルを利用する際に注意すること

デリヘルを利用する際の注意点。デリヘル業界には大きいところから小さいところまで多くの業者がいます。デリヘルといえば基本的には本番行為が無いので感覚的には自慰行為の手伝い感覚と思う人が多いと思いますが、それでも注意が必要なのはやはり性病です。デリヘル業界の大手になるとさすがに衛生面の管理も行き届いており、女の子は基本的に清潔だと思って大丈夫です。しかし、小さい業者やキャスト管理ができていないような業者になると、基本的に女の子のモラルに任せた衛生管理になってしまうのです。ですから、客商売だからとか女の子だからと油断していると不衛生な女の子を指名してしまうことも十分にありえるのです。見た目で不衛生だとわかる女の子ならチェンジ制度のある業者であれば遠慮なくチェンジをすれば良いだけなのですが、見た目は普通で実態が不衛生だというのが1番やっかいです。ちょっとくらい不衛生でも本番行為が無いから性病の心配はないと思っている人は危険です。本番行為がなくても性病はフェラやスマタなどのプレイから粘液が付着するだけで身体に性病が感染します。その為、フェラやスマタで陰茎が赤く腫れ上がったり爛れたりしている事例もインターネットサイトに多く掲載されています。デリヘルを利用する際は安いからといって安易に店を選ぶのは止めましょう。

よく風俗を利用します。今はデリヘルがお気に入りです。普通はどのくらい風俗を利用しているのでしょうか。さすがに毎日という人はそうそういないと思いますが、どのくらいだと少なくてどのくらいだと多いのでしょうか。

今のペースは週に1回か2回デリヘルを利用するといった感じです。それ以上だとお金のほうが続かないのでデリヘルは週に1回か2回が限界になります。お金がたくさんあれば毎日デリヘルに行くの... >>>read

風俗やデリヘルというと、芸能方面にはまったく興味のない素人の集まりばかりだと思えてしまうが、決してそんなことはありません。中には、モデルやグラビアで活動していた女性が、AV女優の道を夢見て働いているケースもあります。

 物事の考え方が多様化した現代では、女性の社会進出がかなり目覚しくなってきています。その中には、お金のためにしかたなくAV女優をするのではなく、自らの意志で進んでAV女... >>>read